Ethereum分裂騒動の仮説と考慮すべき要素

目次

  • 前提
  • Ethereumチェーン分裂の可能性考察
  • 2022年6月現在でのMining Pool情勢
  • 総論

前提


Ethereum2.0のPoS側へPoWから統合されるイベント(The Merge)が早ければ2022年中にも起こる可能性が出てきています。本レポートではこの状況を踏まえ、Mergeに伴って分裂騒ぎが起きると仮定した際の状況整理と、起こり得るイベントに対しておさえておきたいポイントに考察を交えた内容となっています。
ただしMergeのスケジュールや関連イベントを含め全体的に不確定要素が高い為、あくまでも参考程度の内容となる事を念頭に置いた上で読んで下さい。
Wenmerge (Merge周りのイベントやカウントダウン確認ページ):https://wenmerge.com/
※The Mergeの概要(Hashhub Lendingのお知らせより抜粋)
The MergeはEthereumで予定されている次期大型アップデートです。The MergeによりEthereumはProof of Work(PoW)によるマイニングを停止し、Proof of Stake(PoS)へと移行します。
The Mergeの実施日時は、複数のテスト用ネットワークでのリハーサルが成功したのちに決定されます。6月9日にRopstenテストネットの移行が完了し、残りはGoerliテストネットとSepoliaテストネットの移行が控えています。
The Mergeについて一部では、PoWチェーンに留まるマイナーによりチェーンが分岐するのではないかという見解があります。Ethereumにはアップデートをしなければ採掘難易度が上昇するdifficulty bombと呼ばれる機能が組み込まれており、特に何も無ければ2022年7月2日 14時32分頃に発動します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ