Toniq.labエコシステム(2021年11月時点)|Entrepot・Identity・Exponent・WTC Token

目次

  • 前提
  • Toniq Labsエコシステム(2021年11月時点)
  • Entrepot|NFTマーケットプレイス
  • Stoic Identity
  • Exponentプラットフォーム
  • WTC token
  • 総論

前提

本レポートではInternet Computer上でソフトウェア開発しているToniq.labの2021年11月時点でのプロダクト群を概観します。
Toniq.labは執筆時点でNFTマーケットプレイス、ノンカストディアル・ウォレット、トークンスタンダード設計、P2Eゲーム、ステーブルコイン開発と非常に多様な領域で開発を行っています。
今回のレポートではToniq.labエコシステムの様相を理解することを目的に2021年11月時点で開発しているプロダクト群の一部を概観します。

Toniq Labsエコシステム(2021年11月時点)

Toniq.LabはStephen Andrew氏(CEO/CTO/Lead Dev)とMac Yap氏(COO/Lead Designer)の2名を中心に設立されたスタートアップ企業です。
出典:https://twitter.com/Dfinity_Journal/status/1457779955337625604/photo/1
次節以降、Toniq Labが開発しているプロダクト群について触れていきますが、その開発対象はInternet Computer(以下IC)上にあり、他のIC上で開発をするスタートアップと比較すると多種多様なプロダクト(上画像参照)を数多く手がけており、界隈のスタートアップの中でも存在感のある企業と言えます。またDfinity Foundationの助成金対象の中にToniq Labが開発するExponentというプロダクトが助成金の対象になっています。Exponentは後述しますが、同社が開発するNFTマーケットプレイス(Entrepot)やP2Eゲーム(Cronic、Rise of the Magni)の基盤となる仕組みであり、オンチェーンゲームを開発するEnjinの取り組みに類似するソリューションを提案しています。

※関連レポート:Enjin、及びEnjin Coinについての概要。世界有数のゲームコミュニティ運営企業がブロックチェーンにどのように取り組んでいるか

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ