Fei Protocol v2の概要 資金効率性を更に高めたステーブルコイン

目次

  • 前提
  • 1:1の引き出し可に
  • PCVマネジメント
  • ガバナンストークンTRIBEの設計変更
  • 総論

前提

今回のレポートではFei Protocol v2の概要・仕組みについて解説します。
Fei Protocol v2は、資金効率性を更に高めた新しいステーブルコインの形式として2021年10月に発表され注目されています。
Fei Protocol自体はv1を2021年の春にローンチしており、当時はガバナンストークンのTRIBEをインセンティブにした大規模なローンチイベントが行われました。このローンチイベントで流通総額が一時的に膨れ上がりましたが、その後、ステーブルコインFeiの流通総額はおおよそ$500M程度で推移しています。
https://www.coingecko.com/ja/%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3/fei-protocol
Fei Protocol v1の特徴的な点は以下のものです。
  • ETHが担保にされたステーブルコインではなくETHで”購入”をしてミントする形式。プロトコルが受け取ったETHは、Protocol Controlled Value(PCV)と呼ばれるFEIの価格安定メカニズムに組み込まれる
  • 1ドルから下乖離の状態の場合、ユーザーがFEIを売却する時にペナルティとして売却されるFEIの一部がバーンされる構造。これによって下落時の受給バランスを調整する。
  • 1ドルから下乖離の状態がしばらく続くと、リウェイトというプログラムが作動する。これはPCVを利用した下乖離の解消方法で、FEI価格が$1になるようにPCVのETHをFEIに交換する。買い戻しと同義。

v1についてより詳しくは下記のレポートを御覧ください。
これらの仕組みをアップデートさせたのがFei Protocol v2です。以下の節からその概要と仕組みについて解説します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。