Hop Protocolの概要 レイヤー2間で流動性を形成するブリッジプロジェクト

目次

  • 前提
  • 利用のしかた、および注意点
  • 総論

前提

本レポートでは、Hop Protocolの概要について解説します。Hop Protocolは、レイヤー2間で流動性を形成するブリッジプロジェクトの一種類で、2021年7月にローンチしました。すでにレイヤー1のEthereum、およびPolygonやOptimismに対応しておりユーザーはこれらの間でトークンの移動ができます。
Hop Protocolはブリッジの類型として、純粋にレイヤー2間でトークンを引き出しするのではなく、レイヤー2間でAMM型の分散型取引所の流動性を形成してそれを用いてスワップすることでブリッジを実現します。類似プロジェクトとしてはConnextが存在します。
Hop Protocolは元々、Web2ライクなログインができるWeb3ウォレットであるAuthereumを開発していたチームがピボットしてスタートしたプロジェクトです。
今回はHop Protocolの基本的な概要と仕組み、および利用の際の注意点を網羅します。
公式サイト:https://hop.exchange/
ドキュメント:https://docs.hop.exchange/
ホワイトペーパー:https://hop.exchange/whitepaper.pdf

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ