主要プロダクトのファーミング構造と根本的課題

目次

  • 前提
  • ファーミング構造の概要
  • 各プラットフォームの構造
  • 総論

前提

本レポートでは流動性提供やファーミングと呼ばれる手法で、独自トークンと引き換えにユーザーからの資産や注目を集める手法の概観を行います(以下、まとめてファーミングで統一)。1年ほど前にCompoundによってCOMPトークンのファーミングが始められました。一言で言えばより多くを貸し、より多くを借りたユーザーがより多くのCOMPトークンをもらえる仕組みで、一工夫を凝らすことでレバレッジを掛けたファーミングが可能であり、その利益率が非常に高いものであったためCompoundのToken Value Locked(TVL:プラットフォーム内にロックされているトークンの時価総額)が急増しました(TVL増加の一因にはETHの値上がり、多重カウントされているトークンの存在も大きいです)。
その後、様々なプラットフォームがファーミングに乗り出しましたが、一言でファーミングといってもその構造は多様であり、今後もプラットフォームとユーザーのより良いコミュニケーションを模索して、その媒介たる独自トークンのトークンエコノミクスは変化していくと考えるのが自然です。そこで本レポートでは、この1年で観測された興味深いファーミング構造を簡単にまとめ、独自トークンを中心とするトークンエコノミクスの概観を行います。

ファーミング構造の概要

上の表は代表的なDeFiプラットフォームを列挙したものです。それぞれの項目の解説を行います。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ