LIDOの概要 ステーキングされたトークンに流動性を付与するプロトコル

目次

  • 前提
  • LIDOの概要
  • LIDOの仕組み
  • 独自トークンLDOの概要
  • 総論

前提

本レポートでは、LIDOの概要について解説します。LIDOはステーキングされたトークンに流動性を付与するプロトコルです。
ETHをステーキングすることでEthereumのバリデーターノードになることができ、ブロック報酬を得ることができます。
2020年12月にETHのステーキングができるようになったものの、一度ステーキングをするとEthereum1.0のチェーンにETHを戻すことができない性質を持っています。これは、Ethereum2.0の開発がある程度進みシャード上でのトランザクションが実行できる状態、あるいはEthereum2.0とEthereum1.0のマージが完了するまで続きます。つまり一度ETHステーキングを開始すると、しばらく引き出しが実行できない性質を持っています。これらについて詳しくは下記のレポートを参照してください。
そのような課題背景から開発されたのが2020年12月にメインネットローンチしたLIDOです。LIDOのプロトコルを介してETHをステーキングすると、実質的にユーザーはステーキングをしながらも任意のタイミングでETHを売却できます。LIDOはLiquid Staking Protocol(流動性ステーキングプロトコル)を自称しています。
2021年以降、LIDOはこの仕組みをEthereum以外のプロトコルでも拡大させようとしています。
今回のレポートはLIDOの基本概要、仕組み、独自トークンであるLDOトークンについて解説します。

LIDOの概要

LIDOはLiquid Staking Protocol(流動性ステーキングプロトコル)です。
Ethereum2.0のステーキングは以下のような障壁があります。
  • ステーキングしたETHはBeacon Chainでのトランザクションが可能になるまで売却ができない。2021年5月時点でBeacon Chainでできる挙動はバリデーターノードをセットアップするか、バリデーターノードをストップさせるかのみである。
  • ステーキングするETHは1ノードあたり32 ETH。これより小さいETHはステーキングできず、また32 ETHを保有する人も端数はステーキングできない。
  • ステーキングする場合は自分でノード運用環境を構築しなければいけない。
LIDOはこれらを解決するプロトコルです。ユーザーがEthereum上のLIDOスマートコントラクトにETHをデポジットするとそのETHはステーキングに利用され、ユーザーはstETH(staking ETH)というERC20トークンを受け取れます。stETHはETHをLIDOにデポジットしている事を証明する証書です。ERC20トークンであるため、その他のトークンと同様にEthereum1.0チェーン上での送信や、他トークンとのスワップなどができ、また他のプロトコルが対応さえすればDeFi上で担保資産などに活用できます。また、ETHをデポジットしたユーザーは自身でノード運用環境をセットアップする必要がなく、他者に委託することができます。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。