Ethereum2.0のステーキングをより深く理解する 各種サービスの種類、投資家に有利なステーキング戦略など

目次

  • 前提
  • PoSのステーキングの参加要件・報酬の仕組み・スラッシュ
  • フェーズ0が開始されるまでの要件と現在のステータス
  • サードパーティーサービスの形態の種類
  • サードパーティーサービスの代表的事業者
  • 資産運用者の立場で注目のステーキング手法
  • 総論

前提

本レポートでは、Ethereum2.0のステーキングをより深く理解することを目的にステーキング要件や、各種サードパーティーサービスの種類、代表的事業者などを紹介します。
2020年11月にEthereumのブロックチェーン上にデポジットコントラクトが公開されました。ETHの保有者はすでにこのデポジットコントラクトを使ってステーキングをすることが可能です。ステーキング量が閾値まで達するとEthereum2.0の骨子となるBeacon Chainのブロック生成が始まります。
なお、本レポートを読む前提となるEthereum2.0の基本的情報は下記で解説しています。
関連レポート:Ethereum2.0 コンプリートガイド(2020年11月版)仕組み・ロードマップ・ステーキングの要件・マーケットへの影響
https://hashhub-research.com/articles/2019-08-01-ethereum2-overview
今回のレポートでは、実際にETHを保有するユーザー目線でEthereumのステーキングを深く理解することを試みます。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。