グリーンボンド市場とブロックチェーンによる将来的なユースケース

目次

  • 前提
  • グリーンボンド市場とその性格
  • グリーンウォッシュと分散型ESG監査
  • グリーンボンドのトークン化
  • 総論

前提

本レポートではグリーンボンドとそれに関連するグリーンウォッシュの問題を取り扱い、将来的なブロックチェーンのユースケースについて考察を行います。
グリーンボンド(環境債)とは、投資家がグリーンプロジェクトへの資金調達に参加する機会を提供し、気候変動の緩和や各国の気候変動適応計画を支援する債券のことです。いわゆるESG債に含まれるものですが金融商品として従来の債券との大きな違いはなく、唯一の特徴は、国連開発計画(UNDP)が明らかにしているように債券の売却代金を環境利益を生み出すプロジェクトに投資しなければならないという仕様になっていることです。
※グリーンボンドに関するガイドラインとしてはICMA(国際資本市場協会)のグリーンボンド原則(GBP)、CBI(Climate Bonds Initiative)によるCBS(Climate Bond Standard)などの市場ベースの標準や国別のガイドラインがあります。またESG債は外部評価機関からESG債として認証をとった上で、発行体は資金の充当状況を毎年報告する必要があります。
本レポートではグリーンボンド市場の特徴および課題、ブロックチェーンを用いたユースケースとして分散型監査ソリューション、グリーンボンドのトークン化について概説、および考察を行います。

このレポートはProプラン、法人会員限定のレポートです。

Proプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことでレポートの続きをお読みいただけます。