MetaCartel Ventures (MCV)の概要 トークンによってステークホルダーを分散化したベンチャーキャピタルのDAO

目次

  • 前提
  • MetaCartel Venturesの概要
  • ベンチャーキャピタルをDAO化するメリットとトレードオフ
  • MetaCartel Venturesの投資先
  • 総論

前提

本レポートではMetaCartel Venturesの概要について解説します。
MetaCartel Venturesはトークンによってステークホルダーを分散化したベンチャーキャピタルのDAOです。通常のベンチャーキャピタルと同じようにスタートアップに資金を提供し、株式あるいはトークンを受け取る機能を持つDAOで、ファンドの投資の意思決定や、ファンドの出資者になることなどが全てEthereumのパブリックブロックチェーン上のオンチェーンガバナンスで執行されます。
2019年末にホワイトペーパーが公開され、その後間もなくメインネットで運用が開始されました。2020年12月時点で8件の投資が実行されています。
このような投資の意思決定が分散化したベンチャーファンドという観点として、類似するプロジェクトにThe LAOが存在します。
関連レポート:自律分散型ベンチャーキャピタルファンドThe LAO概観
https://hashhub-research.com/articles/2020-04-15-the-lao-overview
本レポートでは、MetaCartel Venturesの概要、仕組み、法的建て付け、現時点での投資先などを概観します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ