世界の暗号資産取引所ビジネスの定点観測レポート【20年9月版】

目次

  • 前提
  • 現物市場の取引データおよび各社の主要なアップデート
  • デリバティブ市場の取引データおよび各社の主要なアップデート
  • 取引所トークンと関連する各種データ
  • 結論

前提

8月の取引所ビジネスの概観を行います。8月はDeFiの月と言ってよく、奔放なDeFiの動きにBinanceをはじめとする取引所が懸命についていき、トレーダーに取引機会を与えることに務めていました。DeFiの動きや取引高の推移は別途レポートでまとめますが、中堅取引所に匹敵する存在感を示し始めているのがUniswapであり、次点でCurveやBalancerが続きます。
この動きを見越してかすでにBinanceやHuobiは先物市場に力を入れており、こちらでは未だに圧倒的な優位性を保っています。現物市場に関しては、特にEthereumの手数料の高さが取り沙汰されていますが、トークン発行と取引ペア形成の自由度が桁違いであることがEthereum上でのDEXに大きな優位性を与えています。
取引所は取引高の伸びに伴って大きな利益をあげている一方で、DeFiの勢いの強さと台頭の早さに戦々恐々としているでしょう。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。