オラクルの利用時の工夫をUniswapとMakerDAOの例から学ぶ

目次

  • 前提
  • オラクルはなぜ重要か
  • 価格データの情報源としてのUniswap
  • Uniswapの工夫
  • MakerDAOのOracle Security Module
  • 結論

前提

本レポートではブロックチェーン内外の情報を提供するサービスであるオラクルの概要をおさえた後、オラクルを提供・利用する代表的なサービスとしてUniswapとMakerDAOの工夫を紹介します。
オラクルに特化したサービスであるChainlinkやBand Protocolは後日レポートとして提供する予定ですが、本レポートではオラクルがどのように利用されており、どのような課題があり、如何にして問題解決が図られているかを紹介します。
Executive Summary
  • オラクルはブロックチェーン上で扱える情報をスケールさせる点で非常に重要
  • オラクルを不正操作することで大きな利益をあげられる状況があるためオラクルのセキュリティは重要
  • Uniswapはデータの提供元として時間加重平均を使うことで攻撃コストを高めている
  • MakerDAOは次回更新価格の提示とその価格の施行に時間差をもたせることで参加者に猶予を与えている

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。