中国発エンタープライズ向けパブリックブロックチェーンVeChainの概要

目次

  • 前提
  • VeChainの基本概要と略歴
  • VeChain Thorの概要 エンタープライズ向けパブリックブロックチェーン 
  • 企業としてのVeChain ToolChainおよびIoTソリューション
  • 企業によるVeChainの利用実績または協業実績
  • 筆者考察
  • 総論

前提

本レポートでは、エンタープライズ向けパブリックブロックチェーンVeChainの概要を取り扱います。
現在、多くの企業がコンソーシアムブロックチェーンを構築する際に基盤として用いるCordaやHyperledger Fabricとは対照的に、VeChainは企業利用に特化したパブリックブロックチェーンという性質を持ちます。特にIoTと連携したサプライチェーンマネジメントやサプライチェーンファイナンスに強みを持ち、BMWやLVMH(ルイ・ヴィトンやディオールなどのブランドを所有する企業)等とも協業実績があるプロジェクトです。VeChainは2015年に上海で設立されたブロックチェーン企業で、現在では、中国以外にヨーロッパ、アメリカ、シンガポールでの活動も精力的です。
VeChainのホワイトペーパーによるとプロジェクトのミッションを「透明性のある情報フローを共有出来、協業高速な価値交換が出来るトラストフリーなビジネスエコシステムの構築」と
掲げています。今回はVeChainおよび同社がローンチしたパブリックブロックチェーンについて概観します。
VeChain公式サイト:https://www.vechain.com/
VeChainThor公式サイト:https://www.vechain.org/

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。