中国における司法システムやデジタル証拠領域でのブロックチェーン利用事例の概観

目次

  • 前提
  • 北京インターネット裁判所の司法ブロックチェーン天平链(Balance Chain)
  • 中国国内で重要性を増すデジタルエビデンスをはじめとするデジタル司法システム
  • 総論

前提

本レポートでは、中国における司法システムやデジタル証拠領域でのブロックチェーン利用事例を概観します。中国では国家が主導し、社会へのブロックチェーンの積極的導入を中央政府レベルと地方政府レベルで並行で進めています。
関連レポート:中国はブロックチェーンの実用化が何故他国より早く、それにより国家戦略として何を目指しているのか・論考
https://hashhub-research.com/articles/2020-01-09-china-blockchain
関連レポート:北京市が発表した2020-2022年のブロックチェーン行動計画 プログラマブルガバメントとは何か
https://hashhub-research.com/articles/2020-07-19-beijing-blockchain-action-plan-2020-2022
様々なセグメントにブロックチェーンの導入が進み、中国国内ではブロックチェーンが組み込まれたシステムを市民が使うことはもはや珍しいことではありません。その利用事例は司法の領域でも活発になっています。
本レポートでは裁判システムでのブロックチェーンの利用、デジタル証拠(デジタルエビデンス)のブロックチェーンなど、司法領域でブロックチェーンがどのように利用されているかを概観します。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。

タグ