北京市が発表した2020-2022年のブロックチェーン行動計画 プログラマブルガバメントとは何か

目次

  • 前提
  • 北京市が発表した2020-2022年のブロックチェーン行動計画
  • 北京市が注力すると宣言する12のアプリケーション
  • 2020年時点での北京市のブロックチェーンプロジェクトの状況
  • プログラマブルガバメントとは何か
  • 総論

前提

本レポートでは、北京市が発表した2020-2022年のブロックチェーン行動計画を概観します。2020年7月に、北京市は2020-2022年のブロックチェーン行動計画を発表して、プログラマブルガバメントの構想を掲げました。2022年に中国と世界をリードするイノベーションハブになり、また先進的アプリケーションの実験場かつ先端人材の集積地になることを目標にしています。
本発表と同時に公開された青本(目論見書)は、145ページにも渡り、ブロックチェーンの効用や注力する分野などを示しています。
本レポートでは、このドキュメントを参照しながら北京市のブロックチェーン構想を概観し、筆者による考察や注釈を付け加えます。過去にも中国に関連するレポートは様々なものを配信しており、それらも中国のブロックチェーン関連の動向背景を抑えるのに有用なはずです。
関連レポート:中国はブロックチェーンの実用化が何故他国より早く、それにより国家戦略として何を目指しているのか・論考
https://hashhub-research.com/articles/2020-01-09-china-blockchain
関連レポート:中国国家が提供する公共ブロックチェーンホスティングサービスの概要やユースケース
https://hashhub-research.com/articles/2020-04-24-china-national-blockchain-hosting-service

このレポートはProプラン限定のレポートです。

Proプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。