中国国家が提供する公共ブロックチェーンホスティングサービスの概要やユースケース

目次

  • 前提
  • BSN(Blockchain-based Service Network)の概要
  • BSNの発表からローンチに至るまでの経緯
  • 想定されるユースケースや影響
  • 基盤ブロックチェーンの一つであるFISCO BCOS
  • デジタル版の一帯一路、海外からの考察
  • 総論

前提

本レポートでは、中国国家が提供する公共ブロックチェーンホスティングサービスである、Blockchain-based Service Network(以下BSN)についての概要やユースケースを解説します。
中国は4月にこれをローンチする予定で、国家がブロックチェーンのホスティングサービスを準備するという構想は、アメリカを含む諸外国と比べて数年進んだ構想であると言え、注目される取り組みです。これまで配信したレポートでも取り上げている通り、中国では官民ともにブロックチェーンの利用が非常に活発です。

*レポート:中国はブロックチェーンの実用化が何故他国より早く、それにより国家戦略として何を目指しているのか・論考
https://hashhub-research.com/articles/2020-01-09-china-blockchain
*レポート:テンセント傘下のデジタル銀行WeBankにおけるブロックチェーン関連の取り組みの概観
https://hashhub-research.com/articles/2019-11-07-webank-blockchain
*レポート:Alibaba(アリババ)系金融会社・Ant Financial(アントフィナンシャル)のブロックチェーンの取り組みを概観する
https://hashhub-research.com/articles/2020-01-06-antfinancial
そういった背景も合わせて、この公共のブロックチェーンホスティングサービスについてどのような狙いがあるか読み解くことは、今後、社会がブロックチェーンを利用してどのように効率化するかを理解することに繋がるでしょう。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。