既存の証券会社をも追い抜く投資アプリのトレンド リテール投資家による新しい投資の世界観

目次

  • 前提
  • Robinhoodの沿革や概要
  • Robinhoodのビジネスモデル 手数料ゼロでも収益を産める理由
  • Robinhoodを後続する投資アプリを展開する新興フィンテックの競合
  • 日本においてのオンライン株式投資アプリのトレンド
  • リテール投資家による新しい投資の世界観
  • 総論
  • 参照

前提

本レポートでは、オンライン投資アプリのトレンドを概観します。
アメリカでは特にミレニアルを中心とする層が新しい世代の株式投資アプリであるRobinhoodなどを積極的に利用するようになって久しいです。日本国内においてはSBIグループの証券口座の開設数が2020年の同社決算発表によると、野村證券を超えて、業界のリーディングカンパニーは名実ともに入れ替えの時期が来ていると言えます。
本レポートでは、これらの流れを踏まえて、リテール投資家による新しい投資の世界観を俯瞰します。順序としては、まずRobinhoodのビジネスモデル・手数料ゼロでも収益を産める理由を解説して、その競合となる後続企業を紹介します。加えて、それらアメリカの流れを受けての、日本においてのオンライン株式投資アプリのトレンドについて触れます。最後にそれらを統括した考察を行います。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。