複数事業社間での販売と支払いを効率化するブロックチェーンの適用事例(Microsoft、IBMなど)

目次

  • 前提
  • 販売と支払いに関わる事業社が複数存在するケース
  • 販売と支払いに関わる事業社が複数存在するケースの課題
  • 5Gネットワークの支払いに関するブロックチェーンの適用、IBMらの構想
  • 複数事業社間でのビジネスをより行いやすく
  • 総論

前提

本レポートでは、複数事業社間での販売と支払いを効率化するブロックチェーンの適用事例を解説します。
ブロックチェーンは分散された台帳を、複数事業社間で保持し、その台帳のデータは各社間で齟齬なくリアルタイムに更新されることが特徴です。電子署名とハッシュポインタを使用し改竄が困難、または改竄検出が容易、かつ、当該データをネットワーク上に分散する多数のノードに保持させることで、高可用性及びデータ同一性等を実現しています。
これらは各社が、一つの真なるデータベースを共有して、販売と支払いを一元管理するシステムの構築に役立ちます。加えて、それによっていかにビジネスが変わるかを本レポートでは取り上げます。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。