Lien Protocolの概要 担保となる暗号資産の死蔵をシンプルに回避した新ステーブルコイン

目次

  • 前提
  • オプションの概要
  • Lien Protocolの概要
  • 幾つかのシナリオをシミュレーションする
  • 総論

前提

本レポートでは、Etherを担保資産としてステーブルコインを発行しながらも、MakerDAOのような超過担保によるEtherの死蔵を回避するLien(※恐らくリーンと発音)の概観を行います。
ステーブルコインには①法定通貨担保の法定通貨ペッグ型(USDT, USDC)、②暗号資産担保の法定通貨ソフトペッグ型(DAI)、③デュアルトークン型(Terra)があります。
それぞれ上記のような利点と欠点があります。
Lienで発行されるステーブルコインiDOLはDAI型で、Etherを担保に発行されつつも、オプション取引の概念を導入することで、Etherをステーブルコインとコールオプションに分離することを提案しています。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。