世界の暗号通貨取引所の10つのトレンドと最新動向 (2020年上半期版)

目次

  • 前提
  • (1)BakktやCMEの出来高は伸びが鈍化しながらも重要性は増す
  • (2)先物・デリバティブ市場の競争が激化
  • (3)IEOのトレンドは終了
  • (4)ユーザーにインカムゲインを付与する機能が一般的に
  • (5)レンディングとウォレットと取引所の境界線が消える
  • (6)グローバル取引所の規制された地域への進出とホワイトラベルの提供
  • (7)Binanceらトッププレーヤーと差別化するユニークな商品を提供する取引所の登場
  • (8)取引所トークンの定着および規制された取引所トークンも登場
  • (9)規制されたマーケットでも様々なトークンのリスティングが進む
  • (10)2020年に投資が集まる地域はインド
  • 総論

前提

本レポートでは、世界の暗号通貨取引所のトレンドと最新動向を10に纏めて解説します。
BinanceやFTX等のオフショアを拠点にするグローバル取引所からBakktやCMEなど規制に準拠する取引所まで最新のトレンドを網羅します。
取引所ビジネスは暗号通貨業界の中でも最もスピードが早く移り変わる分野の一つですが、網羅的に最新の状況を概観出来るようにレポートを構成します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。