世界最大の暗号通貨取引所Binanceの世界展開戦略の考察

目次

  • 前提
  • Binanceの世界展開の状況
  • 取引所システムを他の企業に供給するBinance Cloud
  • BNBの世界各国での取り扱い
  • Binance USをはじめとした世界展開の現状
  • グローバル版Binance.comは今後どう展開されるか考察
  • 総論

前提

本レポートでは、世界最大の暗号通貨取引所Binanceの世界展開戦略の概観および、その考察を行います。
Binanceは2017年に創業して、その後、短期間で現物の取引高でトップの取引所に躍り出て、執筆時点までその地位を維持しています。同社は、創業当時には、法定通貨を扱わず、暗号通貨同士のペアのみを扱う取引所として営業開始しました。また、その展開の際には、一般的に多くの消費者が生活する国では営業免許を取得せずにオフショアで運営をしてグローバル展開をしました。
しかし、2020年2月現在では、その状況は変わりつつあり、同社はいくつかの国で営業免許を取得して、正規の方法で世界展開をする方向に戦略を転換しています。今回のレポートでは、その状況の全体を理解することを目指します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。