サプライチェーン・トレーサビリティ(来歴証明)での ブロックチェーンの利用 食品・ブランド品・医療品など業界別に概観する

目次

  • 前提
  • ブロックチェーンがサプライチェーン・来歴証明と相性が良いのはなぜか
  • 食品での利用例・可能性
  • ブランド品での利用例・可能性
  • 医療品での利用例・可能性
  • 製造業での利用例・可能性
  • コンテンツやエンターテイメント、アートなどでの利用例・可能性
  • サプライチェーンでブロックチェーンを利用するための課題点を3つに整理する
  • 総論

前提

本レポートでは、サプライチェーン・トレーサビリティ(来歴証明)でのブロックチェーンの利用を概観します。
サプライチェーンでのブロックチェーンの利用は、これまでも期待されている活用方法の一つです。これらの来歴証明は、食品・ブランド品・医療品・製造業・コンテンツやアートなど様々な分野で期待されています。
今回は、それらが何故期待されているか、ブロックチェーンが何故適切な技術であるか、加えてそれらを踏まえた上での課題を概観します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。