期待されるP2Pの電力市場とブロックチェーンの背景、概略、課題

目次

  • 前提
  • 電力のP2P取引市場が期待される背景
  • 電力のP2P取引市場のメリットとは何か
  • 電力のP2P取引にブロックチェーンの使用が期待される理由
  • 電力領域においてブロックチェーンを使用した世界の主要プロジェクトや企業一覧
  • 電力領域においてブロックチェーンを使用した日本の主要プロジェクトや企業一覧
  • 想定される課題
  • 総論

前提

昨今、P2Pの電力市場の立ち上がりが期待されています。それと相性が良い技術としてブロックチェーンが注目され、実証実験が世界各地で複数行われています。P2Pの電力市場とは、発電所から電力を購入するのではなく、個人や事業者が太陽光パネルなどで発電された再生エネルギーを株式市場のように売買するマーケットです。
レポート中でも解説しますが、日本国内においても電力またはエネルギー領域における取り組みは多くが発表されています。これらの取り組みの発表される裏側には社会的要請があり、その背景説明を行い、実際の事例までを網羅する形で本レポートを構成します。

このレポートはProプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Proプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ