中国検索最大手のBaidu(百度)の独自ブロックチェーン・XuperChainの概要

目次

  • 前提
  • Baidu(百度)の概要
  • XuperChainの概要
  • XuperChainの基本的なアーキテクチャ
  • XuperChain上のアプリケーション
  • 考察や中国のブロックチェーン業界での影響の予想
  • 総論

前提

本レポートでは、中国検索最大手のBaidu(百度)が発表した独自ブロックチェーン・XuperChainの概要を解説します。
Baidu(百度)は中国の大手テック企業大手ですが、同社は独自ブロックチェーンのXuperChainを計画しています。XuperChainの構想自体の発表は2018年であり、その後段階的にコードをオープンソースで公開、2020年1月にはパブリックベータを公開、2020年中には完全な公開を目指しています。
同ブロックチェーンは、所謂スマートコントラクトプラットフォームであり、サードパーティーはスマートコントラクトを用いたアプリケーション開発が同ブロックチェーン上で行うことが出来ます。また、Baidu自身も同ブロックチェーン上でアプリケーションを開発することが計画されています。
今回のレポートでは、概要と基本的なアーキテクチャ、考察や中国のブロックチェーン業界での影響の予想を纏めます。

このレポートはProプラン限定のレポートです。

Proプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。