アート×ブロックチェーン領域の概観 サプライチェーンや証券トークンとの類似性と差異・今後の発展性

目次

  • 前提
  • アート×ブロックチェーンの概要
  • トークンとも紐付けという共通の課題
  • Re-fungible Tokenの利用方法
  • 総論

前提

本レポートではアート領域におけるブロックチェーンの利用について概観します。アート領域では真贋の判定や来歴の記録が難しく、また二次流通では作者に対しての還元が一切ないことが課題です。これらの課題に取り組むためにブロックチェーンを利用しようという企業が国内外にいくつかありますが、それぞれの手法や課題には共通点があります。
まずそれらについてまとめた上で、サプライチェーン企業や高級ブランド企業がブロックチェーンを活用しようとする際にぶつかる問題点との類似性や差異を紹介します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。