差別化が難しいステーキングサービスに ユニークな機能の実装を試みる事例 Stake Capital

目次

  • 前提
  • 営利企業にDAOの要素を持ち込もうとする「Stake Capital DAO」
  • ステーキングしているトークンに流動性を持たせるLTokens
  • 総論

前提

本レポートでは、差別化が難しいステーキングサービスにユニークな機能の実装を試みる事例を解説します。ステーキングサービスとは、COSMOSやTezosなどのノードを運用し、トークンを保有するユーザーからデリゲート(委任)を受付けて、ユーザーが得るステーキング報酬の一部から手数料収入を得るモデルです。ステーキングサービスについてより詳しい背景解説は下記のレポートで行っています。
*レポート:これからできるProof of Stakeの経済圏。その周辺ビジネスレイヤー、その考えうる影響など
https://hashhub-research.com/articles/2018-12-12-pos-economics
このようなサービスは、これからPoSのブロックチェーンが増加することから大きな市場が生まれることが想定でき、同様のステーキングによる報酬配布をCoinbaseやBinanceなど大手取引所も開始しています。このことからステーキングに特化した企業のサービスが、取引所との差別化を図ることが難しくなることが今後予想されます。
そういったステーキングサービスはどのように差別化をし、ユニークな点を作るか、その事例になりえる企業がStake Capital(参照:https://www.stake.capital/ )であり、本レポートでは、同社の事例を解説します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。