ICE傘下のBakktのローンチ後の反応やこれからの課題 Bitcoinの機関投資家市場の整備について

目次

  • 前提
  • Bakktのローンチ後の反応
  • ブローカーディーラーとして翌日現物受け渡し先物の取り扱いの難しさ
  • 次に埋まるべきパーツはほふりとクリアリング機構
  • 総論

前提

ニューヨーク証券取引所の親会社であるICEの新会社であるBakktは9月23日にローンチを果たしました。
現物を翌日受け渡しをする先物を提供する形式であり、極めて現物取引に近い形の同取引所はBitcoin市場に大きい影響を与えると期待されていました。
執筆時点でローンチから約1ヶ月になりますが、本レポートでは、この時点でのBakktの現時点での反応と課題を整理します。
Bitcoin市場がどの程度成熟段階にきているかについては下記のレポートでも纏めました。
*レポート:Bitcoin市場はこの2年でどの程度効率的になっているか。Bitwiseレポート要約
https://hashhub-research.com/articles/2019-09-26-bitwise-report
あわせて読むことでBitcoinの機関投資家市場の整備や、金融商品としてBitcoinがどういったフェーズにあるかを概観できるはずです。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。