ブロックチェーンで法律契約の作成や実行ができるOpenLaw

目次

  • OpenLawとは
  • Blockchain x Legalにおけるビジネスユースケース
  • OpenLawの特徴
  • 公式サイト

OpenLawとは

OpenLawはブロックチェーンを使用して法律契約の作成や実行を行うことができるプロトコルです。OpenLawによって従来の法律契約とブロックチェーンベースのスマートコントラクトをユーザーフレンドリー(マークアップ言語を使用)かつ法的に準拠した方法で結び付けることができるようになります。OpenLawを使用することで、ユーザーは次世代のブロックチェーンベースのスマートコントラクトを活用しながら、安全な方法で法的契約にデジタル署名と契約の保存ができます。契約書は通常紙で作成され、当事者間でレビューおよび改定がなされます。契約書が修正されると判子やサインによって署名されますが、このやり取りには多くの時間がかかる上に複雑です。OpenLawはシンプルなマークアップ言語を使って契約書のテンプレートから契約書を作成でき、また契約者間でレビューや電子署名が行えます。 
Introducing OpenLaw
インターネットを利用した電子化された契約書による契約書面のやり取りや電子署名による契約業務の効率化は一定の成果をあげてきましたが、書面の添付や外部の事務所のストレージへの保管は情報漏洩やセキュリティの観点から問題があります。Google Docsやクラウドストレージへの保管は特に情報リスクが高い行為だと考えられます。さらに契約の内容は現実の出来事や各種イベントによって変更する必要があり、従来は弁護士や事務所のアソシエイトが都度契約文書を更新し再送していました。OpenLawはこれらの問題にブロックチェーンを活用した法律契約の作成や実行を行うことで対処しようとしています。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。