パブリックブロックチェーンをビジネスで活用するためのミドルウェアBaseline Protocolの実用性・実装を検討する

目次

  • 前提
  • Baseline Protocol概要
  • なぜパブリックブロックチェーンをビジネス活用するか?
  • 事例:コカ・コーラ関連会社でのBaseline Protocolの活用
  • 基本的なコンポーネント
  • 取引情報のトークン化やDeFi(分散型金融)への応用への現状課題
  • 総論
  • 参照

前提

本レポートでは、パブリックブロックチェーンをビジネスで活用するためのミドルウェアBaseline Protocolの実用性・実装を概観および検討します。
Baseline Protocolは企業がパブリックブロックチェーンを利用するためのオープンソースプロジェクトで、Ethereum上で利用出来るツールセットです。企業のミドルウェアとして利用が想定されています。本オープンソースプロジェクトは、Microsoft・EY・ConsenSysらがイニシアチブをとっています。
企業がブロックチェーンを利用する際は、プライバシーやトランザクション性能が課題となります。Baseline Protocolはそれらの課題を一定解決した上で、パブリックブロックチェーンを企業が利用し、他企業と調達情報や在庫情報を共有するような利用が想定されています。これによって企業はシームレスに社外と協業出来たり、新しい金融アプリケーションを構築出来ると期待されています。
関連レポート:Baseline Protocol概要 MicrosoftやEYらがイニシアチブを取るパブリックブロックチェーン上でビジネスを行うためのフレームワーク
https://hashhub-research.com/articles/2020-03-06-baseline-protocol-overview
HashHub Researchでは、同プロジェクトが発表された3月に大まかな概要を紹介していますが、当時より取り扱うべき情報量も増えている背景から、本レポートではより掘り下げて、Baseline Protocolのビジネスユースケース・実装を概観します。現時点での実用性と課題の検討を行うことを目的としています。

このレポートはProプラン限定のレポートです。

Proプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。