音楽ストリーミングサービスのロイヤリティを管理するGuildOneとBeatdapp

目次

  • 前提
  • 音楽ストリーミング業界の現状及び課題
  • 総論

前提

本レポートは音楽ストリーミングサービスのロイヤリティ(著作権使用料)決済にブロックチェーンを応用する事例を紹介します。
本レポート全体の構成は、まず最初に音楽業界の収益構造の傾向を示し、その後業界の課題提示「音楽ストリーミングの15%に誤りがあり、未払いのロイヤリティが発生」、その課題に対する取り組み事例として「GuildOneとBeatdappの提携」を紹介します。
ロイヤリティ決済のような複数事業者間での販売、支払いに関する事例は過去のレポートでも紹介していますので、そちらもぜひご参照ください。
【過去レポート】
複数事業社間での販売と支払いを効率化する ブロックチェーンの適用事例(Microsoft、IBMなど)
https://hashhub-research.com/articles/2020-05-13-multipayment-system

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。