暗号通貨/トークンのディストリビューション方式ごとの投資リターンの比較

目次

  • 前提
  • 暗号通貨/トークンのディストリビューション方式ごとの投資リターンの比較
  • プライベートセールのロックアップ期間について
  • 総論

前提

暗号通貨のディストリビューション(分配、流通、配布)とは、様々な種類があり、ビットコインのようなフェアローンチ、パブリックセール、プライベートセール、エアドロップなどいくつかの方法があり、これらを組み合わせてトークンを配る行為が実行されます。
これらからどういった選択をするかは、どういった層にトークンを保有してもらいたいかや、開発にどのくらいの資金が必要であるか、それとも公共性に重きを置くため資金調達は一切しないなど、プロジェクトの性質によって異なります。
このディストリビューション方式の設計はプロジェクト運営者の観点からも難しく、以前に下記のレポートでも解説しています。
*レポート:ブロックチェーンプロジェクトにおけるトークンアロケーション方式についての考察。オープンソースのブロックチェーンプロジェクトの資本政策の考え方。
https://hashhub-research.com/articles/2019-03-28-opensource-in-blockchain
現在でも様々な新しいディストリビューション方式が考案されています。
これは下記のレポートで解説をしています。
*レポート:新しいエアドロップ・新規ブロックチェーンのトークンのディストリビューション手法の考察。Lock Drop / WorkLock / Liquid airdrops
https://hashhub-research.com/articles/2019-04-18-lockdrop-overview
本レポートでは、投資家やトレーダーの目線で、このトークンのディストリビューション方式によって、投資リターンに違いはあるのかを考察します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。