Plasma概観。Ethereumをはじめとしたブロックチェーンを拡張させるレイヤー2技術の基礎的理解

目次

  • 前提
  • Plasmaとはなにかの基礎的な理解
  • Fraud Proofsとは
  • 一般的なPlasmaのメリットとデメリット、サイドチェーンとの違い。
  • 主要なPlasmaのフレームワーク
  • Plasmaの動機。サイドチェーンでは駄目なのか?
  • 総論

前提

本レポートではPlasmaについて概観を行います。
PlasmaはEthereumをはじめとしたブロックチェーンを拡張させ、可用性の高いアプリケーションの可動を目的としたレイヤー2技術です。Statechanelやサイドチェーンなどその他の技術と同様に、スケーラビリティに限界がある1stレイヤーのブロックチェーンを補完する技術として知られます。恐らくブロックチェーンに関心がある方なら、Plasmaという言葉については聞いたことがあり、同時にPlasmaには様々な派生種類があることもご存知のはずです。
現在、数多くのPlasmaの派生があり、様々な開発者グループが異なる形式のPlasmaを開発していますが、それら全てを詳しく研究すると膨大な時間が必要になります。
本レポートでは、Plasmaの基礎的な概観、おおよそ知っておくべき情報を網羅します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ