SKALEの概要。汎用性のあるサイドチェーンによりEthereumの拡張レイヤーを目指すプロジェクト

目次

  • 前提
  • SKALEの概要
  • アプリケーション開発者によるSkale Networkのサイドチェーン(Elastic Sidechains)の生成
  • Skale Networkのサイドチェーンの追加機能
  • ガバナンス
  • トークンディストリビューション・主要投資家
  • 評価と考察
  • 総論

前提

SKALEは、Elastic Sidechains(汎用性のある複数のサイドチェーン)のネットワークで2019年内にリリースをされる予定です。
開発者は、これらのサイドチェーンでユーザーエクスペリエンスに縛られない形で、かつ分散性に大きな妥協を伴わずアプリケーションの開発ができます。
ローンチ時点においてEthereumのサイドチェーンとして利用されることが想定さますが、後々はその他のブロックチェーンに対応することも想定されています。
これらのサイドチェーンは、バリデータノードによって管理されます。
また各バリデータノードは同時に複数のサイドチェーンのコンセンサスに参加できることも特徴です。
本レポートではSKALEの概要・仕組み・トークン設計について解説をします。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。