Celer Networkの概要 State Channelを用いたプロジェクトの仕組み

目次

  • 前提
  • State Channel・Generalized State Channelとは
  • Celer Networkのアーキテクチャ
  • StateChannelの課題
  • トークンを利用したゲーム理論でレイヤー2のスケーラビリティ・流動性・ 利用性を獲得する試み、トークン設計
  • Celerのトークンディストリビューション・主要投資家
  • パートナーシップなど
  • Celerトークンの評価、懸念など
  • 総論

前提

Celer Networkは、Ethereumのレイヤー2であるGeneralized State Channelを用いたプロジェクトです。これまで多くのチームが研究開発をしてきたEthereumのレイヤー2の技術がそれぞれプロダクションレベルに近づいています。
Ethereumのレイヤー2とは、広義にオンチェーンではない部分でトランザクションを生成し、高速なトランザクション・スムーズなアプリケーションの使用体験を実現する技術です。レイヤー2にはRaidenやPlasmaなど様々な技術がありますが、その中でも先行しているものがState Channelの分野です。そのState Channelを使ったプロジェクトとして中心プロジェクトの一つが、Celer Networkです。Celer Networkは、自身のプロジェクト自体を「Layer-2 Scaling Platform」と表現しています。 
Celer Networkは、State Channelを使用したオフチェーンの開発と、そのオフチェーンをアプリケーションベンダーが容易に使用出来るSDKを開発しています。エンドユーザー向けには、CelerXというレイヤー2のアプリケーションを使うことができるポータルアプリを準備しており、iosとAndroidでダウンロードできるようになる予定です。
Celer Networkは、2019Q2にメインネットで公開される予定です。なおCeler Networkは、近々にはEthereumのレイヤー2で使用されることが想定されますが、様々なブロックチェーンに適用できるとしています。
本レポートでは、仕組みからトークン設計、その考察を行います。
Celer Networkサイト:https://www.celer.network/

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ