Operaブラウザレポート:BitmainはなぜOperaブラウザに関心を持つのか、ウォレットやDappsのエコシステムの未来予想

目次

  • Operaブラウザとはなにか
  • ■Operaブラウザの現在のビジネスモデル
  • Operaブラウザの暗号通貨対応のインパクト
  • 暗号通貨ウォレットのマネタイズモデルの解
  • BitmainはなぜOperaブラウザに関心を持つのか、ウォレットやDappsのエコシステムの未来予想
7月2日、Opera Ltd.がアメリカ証券市場のNasdaqで上場申請をしました。
IPOが実現をする場合、115Millionの同社株が売り出されます。
その翌週、マイニング企業最大手のBitmainはこのIPOに対して、50Milliionの購入オファーをしています。
さらに、この発表後、OperaはAndroidのモバイルブラウザで、暗号通貨ウォレットの標準装備を発表しました。
また、Bitmainに関しては、今月、時価総額12Billion(約1.4兆円)のバリュエーションで、Sequoia Capital China、Coatue、シンガポールの政府系ファンドなどから300-400M$のl資金調達をしたことを中国メディアのCaixinが伝えています。
本レポートでは、Operaブラウザとはなにか、現在の収益モデルを確認し、BitmainがなぜOperaブラウザに関心を持つのかについて考察をしていきます。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ