論考・効率化されるDeFi市場 これからも残される高いAPYの収益機会とは

目次

  • 前提
  • DeFiの収益は徐々に暗号資産に精通した人にとっても旨味がないものに
  • これからも高いAPYが提供されうる収益機会
  • クレジットで貸付するプロトコル
  • 機関投資家が使いにくいブロックチェーンまたはレイヤー2上のプロトコル
  • 総括

前提

本レポートでは、これからのDeFiの収益機会(APY・金利)はどのようになるかについて筆者の論考を纏めます。
DeFiによるイールドファーミングは、2020年夏にCompoundをきっかけに流動性マイニングが流行りました。投資家はこれにより所有する暗号資産を流動性提供することでインカムゲインを得られるようになりました。
このトレンドが始まった当初、様々な収益機会がありましたが、最近では様々な投資家が参入・市場の効率化によって当初のような収益機会は減少しています。APY15-30%で比較的低リスクのイールドファーミングも当初は市場にある程度存在しましたが、現在は一定程度のリスクを許容しない限りその水準のAPYでイールドファーミングをすることは難しくなっています。
今回は、現在のDeFiの収益機械の概観と、そしてこれからも残される高いAPYの収益機会の種類は何か筆者の考えを纏め、将来におけるDeFi環境を理解します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ