Web3地方創生の成功パターンと注意点(概要編)

目次

  • 前提:地方創生の新たな道具としてのNFT、DAO、ファンジブルトークン
  • Web3(ブロックチェーン)を活かすメリット
  • 地方創生の成功パターン
  • 総括

前提:地方創生の新たな道具としてのNFT、DAO、ファンジブルトークン


本レポートでは、地方創生の新たな道具としてWeb3、その中でもNFTとDAOが注目されていますが、その成功と失敗のポイントを解説します。
Web3を使った地方創生事例として、山古志村のNFTを使ったデジタル村民権利とそのDAOが有名です。投票権を持つNFTの販売を原資にして、教育プログラム、村内の課題解決ファンド、スタートアップの誘致などを外部有識者を巻き込んで行っています。
この山古志村をきっかけにしてNFTを使ったふるさと納税や地方創生DAOが産まれています。本レポートではその事例を紹介します。またそもそもなぜWeb3(ブロックチェーン)を使うのか、そのメリットを理解しておかないと一昔前の「なぜブロックチェーンなのか」議論と同じ失敗を犯してしまいます。本レポートではブロックチェーンを活かすメリットもおさらいします。
Web3を使った地方創生については下記レポートも参照ください。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ