クレジットオラクル Credora - クレジットスコアリングサービス -

目次

  • 免責事項
  • 要約
  • Credoraの概要
  • スコアリングに関する詳細 - Credora Credit Methodology
  • 注意点
  • 総論

免責事項

今回のレポートは情報提供を主目的としており、金融商品・暗号資産・トークン等の勧誘を目的としておりません。 最終的な投資意思決定は、ご自身の判断でされるようご理解ください。そして、当該情報の正確性および完全性を保証または約束したものではありません。また、本情報に基づいて被ったいかなる損失についても一切責任を負いません。

要約

今回はクレジットスコアを提供するCredoraについてまとめます。概要を説明した後に、スコアリングに関する詳細をご紹介し、その後注意点について共有いたします。昨今、様々な無担保型のレンティングプロジェクトにて採用されているプロジェクトであり、影響力を持つ存在となっています。

Credoraの概要

Credoraとは

Credoraとは主に無担保型のレンディングプロジェクトにて採用されているクレジットスコアを提供するプロジェクトです。2022年8月にX-MarginからCredoraにリブラディングを行いました。Credoraの特徴としては、リアルタイムでユーザーのセンシティブな情報を保護しながらクレジットスコアリングサービスを提供することだと主張しています。
Credoraは今までに約8.5億ドル以上の無担保ローンを促進してきたとのことです。現在、Credoraは約40億ドル以上の借り手の資産を監視し、スポットやデリバティブを含む中央集権取引市場の85%をカバーし、14のEVM互換チェーンとSolanaからのDeFiとステーキング活動を監視して、スコアリングに活用しています。
昨今、注目を集めている無担保型のレンディングプロジェクトのMaple finance、Clearpool、Atlendis、Ribbon Finance Lend、dAMMなど数多くのプロジェクトでCredoraのクレジットスコアが採用されており、主に機関投資家が無担保で借り入れを行う際の信用度合いをスコア化させているサービスとして、Credoraは関心を集めております。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ