Curvance Curveエコシステムに特化したレンディングプロトコル

目次

  • 前提
  • Curvanceの目的とサービス
  • ガバナンストークンCVE
  • 総論

前提

Curveはソフトペッグ通貨同士を低スリッページで交換できるサービスを提供していること、ガバナンスとプールへのインセンティブが綿密に紐づいたTokenomicsの設計が秀逸であったことから、DeFiエコシステムにおいては重要なプロトコルになっています。この結果、上位レイヤーがガバナンストークンCRVの奪い合いをする「Curve Wars」にまで発展しています。
しかし、現状ではcvxCRVやveCVXを担保にレンディングが可能なプロトコルはなく、それらのトークン保有者はより資本効率を向上させてより有利にCRV/CVXトークンを集めたいというニーズがあるのは明白です。
そのようなニーズに応えるためにスタートしたCurvanceは、Curveエコシステム(Curve,Convex,Yearn,Badgerなど)のWrappedトークンであるcvxCRV, bveCVX, yvBOOSTなどを担保に、レンディング機能を提供するプロトコルとなります。本レポートではCurveエコシステムに特化したレンディングプロトコルであるCurvanceについて概観します。
※現時点ではCurvanceはサービスのリリースをしておらず、コンセプト段階のプロジェクトとなりますので、本リリース時には提供サービスの内容が変更される可能性があります。

なお、本レポートはCurveを様々なプロトコルが奪い合う「Curve Wars」の背景を理解した上でご講読いただくと理解が深まります。「Curve Wars」については下記レポートをご参照ください。
Curve War Curveを用いたDeFiプロトコルの成長
公式Webページ
ドキュメント

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ