「試行錯誤が続くNFTブランディング」特集

目次

  • 「試行錯誤が続くNFTブランディング」特集

「試行錯誤が続くNFTブランディング」特集


【紹介レポート一覧】
  1. Nouns DAOの概要 成功するNFTプロジェクトの秘訣を学ぶ
  2. Web3の片鱗(2)|僕らの退屈な日々を彩るのは「楽しさ」ではなく「興奮」である〜ミームNFTに垣間見る退屈さ〜
「試行錯誤が続くNFTのブランディング」をテーマにNFT関連のレポート計2本ご紹介致します。一つはNouns DAOに関連するレポート、もう一本は退屈をテーマにしたミームNFT関連のエッセイです。

一時期に比べるとNFT界隈も幾分落ち着いた雰囲気を帯びてきました。このような状況を俗に「冬の到来」と形容するものなのだと思います。冬の時代とは市況の冷え込みを意味するものではあっても「冬=つまらない」を必ずしも意味するものではありません。冬をどう過ごすかは人それぞれですが、人によっては冬ならではの現象を楽しんで過ごすという方もいらっしゃいます。
冬ならではの現象にも様々ありますが、その一つが「夏の成功と失敗を踏まえた新たなアプローチの萌芽」です。
夏の時代というのは基本的に成功しているプロジェクトの成功要因を把握して模倣するだけでそこそこにうまくいきます。ですから、新規プロジェクトは新たなアプローチを採用するよりも、模倣する方がコスパが良いので市場は類似プロジェクトで溢れかえります。これはクリプトに限らない流行りものにはよくある現象でしょう。
一方、冬の時代はそうはいきません。なぜなら模倣先となる夏の成功要因と期待する結果の相関性が環境の変化によって失われている場合もあるからです。ですから冬の時代は夏の時代のプロジェクト群の成功と失敗をもとに仮説と検証を重ねた新たなアプローチの提案が目立つようになっていきます。
以下「NFTのブランディング」に関連するアプローチの変化、過去のブランド構築の如何に触れたレポートの概要を掻い摘んでご紹介していきます。

このレポートは会員登録ユーザー限定のレポートです。

ユーザー登録すると無料で続きをお読みいただけます。

既に会員の方はログインへお進みください。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ