スマートコントラクトプラットフォーム競争の2022年のトレンドを知る

目次

  • 前提
  • ステーブルコインをレイヤー1がネイティブに実装
  • 独自のユーザー層やローカルコミュニティへリーチできるブロックチェーン(LINE、Oasis、Klaytn)
  • 早い・安いではない新しい開発者体験
  • 規制対応ができる余地を仕組みとして提供
  • デフレーションモデルの導入
  • 総括

前提

本レポートでは、スマートコントラクトプラットフォーム(ネイティブブロックチェーンやレイヤー2)競争の2022年のトレンドについて解説します。
2022年現在、様々なブロックチェーンでDeFiやNFTのエコシステムが形成されています。2020年後半からBinance Smat ChainやPolygonが登場以降、Ethereumのみが実質的ほぼ唯一のアプリケーション展開先の選択肢という状況は終わり、マルチチェーンが当たり前になりました。
一方で最近ではレイヤー1の数が増えて競争も激しくなっています。レイヤー1だけでなく、OptimismやAirbitrumなどのレイヤー2も同様にプラットフォームの性質を持ち、レイヤー1とアプリケーション誘致の観点では競合しています。これによって最近では各プレイヤーの競争戦略も多様化しています。
2021年時点では、各レイヤー1にとって以下のような施策がスマートコントラクトプラットフォームが成長するための定石でした。
  • DeFiアプリケーション等に助成金を供与してファーミングなどを呼び込む
  • なるべく多くの主要取引所や開発ツールと連携
  • アプリケーションに投資をするためのエコシステムファンド創設
Binance Smat Chain、Polygon、Solanaはこのようにしてエコシステムが大きくなった背景があります。これを上手に行い最も優れたビジネスエグゼキューションを見せた1つの例はPolygonです。
しかしより多くのレイヤー1が勃興する今では上述のような施策だけでは、それぞれのレイヤー1が存在感を示せなくなっています。上記の施策は当たり前に展開されるレベルのもので、より強い各ブロックチェーンの特徴と施策がなければ生き残れなくなっています。
今回のレポートでは最近の各レイヤー1の特徴的な施策を5つに分けて紹介します。本稿を読むことで、読者は最近の各ブロックチェーンの特徴的な競争施策も理解できますし、開発者・事業者にとってはブロックチェーン選定という観点でも役に立つことを想定しています。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ