STEPNの参入と継続機会 -観測可能な数値から分析する-

目次

  • 前提
  • STEPNの概要
  • 流行の理由
  • 参入や継続の上で見るべき指標
  • 長期の持続可能性
  • 総論

前提

本レポートでは、2022年4月時点で流行しているSTEPNの1歩踏み込んだ考察を行います。目的はSTEPNに参入するもしくは継続する際に参考にすべき指標、STEPNが流行した理由、またSTEPNの持続可能性について解説し、STEPNの参入と継続の参考なる情報を提供する事です。
STEPNはMove & Earnをコンセプトに実現した最初のプロジェクトで、元々はSolana Ignition Hackathon 2021に参加した500以上のプロジェクトの中で4番手に入賞したプロジェクトです。最初は中国で火が付き、次に日本でも流行して世界的な流行になっています。またガバナンストークンの$GMTは2022年3月1日にBinance Launch PadでのIEOが発表され、3月14日には初期ユーザーへのエアドロップも発表されました。2022年3月末のAxie Inifinityのハッキングをきっかけに、次のAxieとなるPlay to Earnゲームを探す人に注目され、ガバナンストークンの$GMTの価格はIEOの200倍以上になっています。
日本でも大きな利益を出した人がTwitter上で注目され、今から参入を考えている人も散見されます。また利益を得るためでなく健康維持を目的とした人の参入も見かけます。
しかしGameFiはポンジスキームと言われることも多く、先行者の利益が大きく後発組のリスクが高くなりがちです。STEPN公式も見解をブログで公開していますが、この点についても本レポートで考察を行います。

[Exective Summary]
  • STEPNは直感的なUI/UXと、自由時間を消費しない運動という要素でヒットした。
  • 参入と継続には新規ユーザー数を観測し続けられる手段が重要(レポート内で詳細記述)
  • ねずみ講と思考停止するのでなく、集めた資金から信用創造し発展する可能性を考える必要がある。

なお、HashHub Researchで配信される全てのレポートは、投資を助言または推奨するものではなく、情報提供と教育のみを目的としています。私たちのサービスを利用したことによる利用者の不利益や投資の損失については一切の責任を負えないことをご了承ください。お客様が本レポートで参照される暗号資産または関連するアセットに関して投資判断を行う場合は、事前にご自身でリサーチ及びデューデリジェンスを実施していただく必要があります。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ