NFTマーケットプレイスを比較し成功と失敗の要因を探る

目次

  • 前提
  • 海外NFTマーケットプレイスの比較分析
  • 国内NFTマーケットプレイスの比較分析

前提

本レポートでは、海外と国内のNFTマーケットプレイスの比較表をもとに、NFTマーケットプレイスの考察を行います。比較表は下記のようなもので、有料部分では空欄を公開しています。
筆者作成

目的としては、比較検討することでNFTマーケットプレイスの成功と失敗の要素を把握し、国内のNFTマーケットプレイスでどのような打ち手が考えられるかを結論とします。
NFTマーケットプレイスは海外でも国内でも多く出てきています。海外国内ともにOpenSeaの独占市場となっており、そこに独自トークンを使いOpenSeaの流動性ともいえるNFTを引き入れるヴァンパイアアタックをLooksRareとX2Y2が行いました。またFoundationやSuperRareは独自のブランドをアーティスト向けに構築しています。TofuNFTを見るとEVM系チェーンの数多くの対応と、多言語対応を行うことで新興国向けの需要に答え、差別化に成功しています。
国内を見ると、暗号資産取引所、大手IT系企業、その他のプレイヤーと大きく3つに分かれます。本レポートでは前者2つに焦点を当て解説します。
【Executive Summary】
  • OpenSeaに対するLooksRareやX2Y2のヴァンパイアアタックを見ると、プロジェクトのミッションだけでは不十分で、適切なインセンティブ設計が重要。
  • NFTマーケットプレイスは乱立しており、SupreRare、Foundation、tofuNFTのように適切な差別化戦略が重要。
  • 国内NFTマーケットプレイスは既に飽和しており、コンテンツの消費でなくコンテンツホルダーやクリプトネイティブな企業との協業が必要と思われる。

このレポートはProプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Proプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ