レイヤー2トラスト構造 誤解と現状の整理

目次

  • 前提
  • 何がトラストレスで何がトラストレスではないか
  • 公式ゲートウェイとHOPブリッジの違いは何か
  • ゲートウェイコントラクトの問題
  • 総論

前提

本レポートではEthereumのレイヤー2(以下L2)関連のよくある誤解を提示しながら、現状のL2がどのような構造で運営されており、ユーザーとしてどのようなリスクがあるかを概観します。「L2はトラストレスでありEthereumに近いセキュリティがある」や「L2も結局はオペレーターをトラストしている」といった声は部分的には当てはまる状況もあるものの、「L2だから○○である」と一刀両断できるほどには簡素な構造ではなく、過度期ゆえに暫定的な仕組みを採用しているのがL2の現状です。
特にL2上での状態遷移のセキュリティとトークンのL1・L2間の移動を実行するゲートウェイのセキュリティの混同がよく見られます。本レポートでは特にORU(Optimistic RollUp)とZKRU(ZK RollUp)を対象にしていますが、ゲートウェイ部分はその他のL2にも当てはまる話です。

何がトラストレスで何がトラストレスではないか

L2技術の現状を把握するにはL2BEATが便利です。L2ごとのToken Value Locked(TVL:プラットフォーム内にロックされているトークンの時価総額)が確認できるサイトとして有名ですが、L2で使われている技術や運用体制、整備されていない機能を確認するためにも非常に有用です。
分かりやすいところから眺めていきます。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ