世界の暗号資産取引所ビジネスの定点観測レポート【21年12月版】

目次

  • 前提
  • 現物市場の取引データおよび各社の主要なアップデート
  • デリバティブ市場の取引データおよび各社の主要なアップデート
  • 取引所トークンと関連する各種データ
  • 総論

前提

12月版の取引所ビジネス定点観測レポートを配信します。先月に比べて取引高はやや回復していますが、市場の流動性は低くボラティリティが大きくなりやすい環境です。BTCやETHの方向性も読めず、テーパリングや利上げ予想を織り込んでいくことで、リスクマネーへの資金流入が先んじて減少することが予想されますが、現時点ではまだ決定的に下落トレンドに転換したとは言えない状態です。
取引高は圧倒的にBinanceが強く、数々の地域当局からの警告が発せられているにも関わらずユーザーからの信頼は未だに強いです。中国での規制強化に関連してHuobiと共にダメージを受けたOKExは徐々に回復基調にあり、取引高、独自トークンの価格を大きく伸ばしているのは注目に値します。

このレポートはProプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Proプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ