Saddle Financeの概要 ソフトペグトークンの分散型取引所

目次

  • 前提
  • Saddle Financeの概要
  • 資金調達やトークン発行
  • 総論

前提

本レポートではSaddle Financeの概要について解説します。
Saddle Financeはソフトペッグトークン同士の交換をサポートする分散型取引所です。ソフトペッグとは、「基本的に$1前後で値動きすると考えられているトークン」や「BTCを1:1で交換できるトークン」のことを指します。つまり、前者であればCircle社が発行し、銀行口座に保管されている米ドルが担保となっているUSDCや、Etherを担保に$1前後に価格を収束させようとしているMakerDAOのDAIが該当します。後者はいわゆるEthereum上のBTCが該当し、Ren ProjectのrenBTCや複数の事業者が発行者となっているWBTC、Synthetix上でSNXを担保に発行できるsBTCのことを指します。
DeFiを利用していると、あるタイミングでUSDCを保有していても、それがアプリケーションAでは使えてもアプリケーションBでは使えず、USDTと交換したい場面などがでてきます。Saddle Financeは、そのようなソフトペッグトークンの交換所です。
類似のプロジェクトとしてはCurveが該当して、Curveはこのようなソフトペグ分散型取引としてはリーディングプロジェクトです。
今回はSaddle Financeの基本的な仕組みを網羅します。
サイト:https://saddle.finance/
ドキュメント:https://docs.saddle.finance/

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。