Secret Network (SCRT)の概要 プライバシースマートコントラクトプラットフォーム

目次

  • 前提
  • Secret Network (SCRT)の概要
  • ネイティブトークン・SCRTの概要
  • エコシステム
  • 総論

前提

本レポートではSecret Network (SCRT)の概要について解説します。
Secret Networkはユーザーの情報を公開しないプライバシーをデフォルトで備えたパブリックブロックチェーンです。BitcoinやEthereumをはじめとしたパブリックブロックチェーンはユーザー(アドレス)の情報やトランザクション履歴が公開されています。一度、特定の個人とアドレスが結びついてしまえば、その行動履歴は追跡可能になるため、センシティブなアプリケーションが使われにくいという側面があります。
この課題を解決するためにプライバシーにフォーカスしたプロジェクトがこれまで複数立ち上がってきましたが、MoneroやZCashはアセットに関連する情報を秘匿化するのみに留まります。また、Ethereum上で利用されるTornade Cashはアセットのミキシングツールです。これらはいずれもスマートコントラクト利用に関連する秘匿化は実現していません。これらと異なり、Secret Networkはプライバシースマートコントラクトプラットフォームであり、1stレイヤーのブロックチェーンです。
具体的には、ユーザーはプライバシーに懸念することなく、Secret Netwokのブロックチェーン上でDeFiやNFTのアプリケーションを利用することができます。
今回はSecret NetworkおよびネイティブトークンSCRTの基本概要、エコシステムについて解説します。
ドキュメント:https://build.scrt.network/

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ