SolanaとEthereumは何が違うか DeFiの構造、流動性形成、新しいCeFiの基盤の観点

目次

  • 前提
  • ブロックチェーンにおけるオンチェーン流動性とは
  • 新しいCeFiとしての金融プロダクト on Solana
  • 総論

前提

本レポートではSolana上で形成されている流動性の概観を行います。Ethereum上で発展したAMM(Automated Market Maker)やオンチェーンDEXの仕組みはその他のブロックチェーンにも広がっており、SolanaではRaydiumOrcaがAMMの仕組みを利用しています。エンドユーザーの視点ではEthereumもSolanaも似たような体験が用意されており、使用される用語も共通のものが多いですがEthereumとSolanaでは今後形成されていくであろう流動性の形に大きな違いがあり、次節以降ではこの点を深掘りしていきます。

ブロックチェーンにおけるオンチェーン流動性とは

EthereumとSolanaの流動性形成の違いを追う前に、「オンチェーン・オフチェーンを問わず、流動性はどんなものであり、現在はどのように形成されているか」をまとめます。
  1. 各ブロックチェーン全体で構成される流動性
  2. ブロックチェーン上の各DEX上で個別に形成される流動性
  3. Binance等の取引所に集約される流動性
①はEthereum上にあるすべての流動性を指します。Ethereum上にはUniswapやSushiSwap、Balancer、Curve等のDEXが存在し、それぞれのプラットフォームにトークンがロックされています。これらすべての流動性を足し合わせたものが①に該当します。多額のトークンを交換する際には1inchのような、これらのDEXを横断して最良レートを提示するプロダクトを使うことで、一つのDEXではなくブロックチェーンに形成されている複数の流動性にアクセスすることが可能です。
②は各プラットフォーム単体の流動性のことで、Ethereum最大の流動性を持つプラットフォームはUniswapです。流動性が大きければユーザーにより良いレートを提示でき、そのレートにユーザーが寄ってくることで流動性提供者も集まり、そのプラットフォームの流動性はさらに大きくなっていく循環が見られます。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ