論考・NFTによるデジタルアートはアート市場に受け入れられるか

目次

  • 前提
  • 盛り上がるデジタルアート市場
  • アートの投資市場の特徴と構造
  • 投資され価値が上がるアートとは何か
  • NFTによるデジタルアートはアート市場に受け入れられるか
  • 総論

前提

本レポートでは、昨今盛り上がりを見せるNFT(Non-fungible token)によるデジタルアートを概説したうえで、デジタルアートはアート市場に受け入れられるのか否か、論考を試みます。
ブロックチェーンコミュニティ内でデジタルアートは以前から存在していたトピックですが、2021年上半期から急速に注目が集まっています。
数億円単位の価格で買われる作品も複数生まれたり、従来のアート市場のオークションハウスがデジタルアートを取り扱うというようなことが起きています。このようなデジタルアートがこのまま市民権を得て、元から存在するアート市場、いわゆる現代アート市場に受け入れられるかについて議論も多く見られますが、このアート市場の特徴もまた一般の人には馴染みにくい市場です。
このような背景から今回のレポートでは、まず現在のブロックチェーン上で表現されたデジタルアートでどのようなことが起こっているか簡単な概説をし、そのあとに現代アートの投資市場を概説、その上でNFTによるデジタルアートはアート市場に受け入れられるか否か、考察を試みます。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ