DeFiマーケットレポート【21年2月版】

目次

  • 前提
  • 1月のDeFiマーケット概観
  • 個別プロダクトの概観
  • 総論

前提

2月版のDeFiマーケットレポートを公開します。TVL(プラットフォーム上にロックされているトークンの時価総額)は先月から5000億円ほど伸びて2兆7千億円を突破しています(重複を含むため目安)。プラットフォームごとの伸び率で見るとETH価格の上昇を受けてMakerが更にTVLを伸ばした他、BadgerDAOが先月日で2倍近い上昇を記録しています。SynthetixはSNXの価格は上昇していますが、アンロックされた資産の方が多かったためかTVLは2400億円から1900億円に下落しています。
上位のプラットフォームのほとんどがファーミング、あるいはステーキングによるインセンティブ提供を行っている一方で1位と4位に位置するMakerとUniswapは独自トークンによるインセンティブなしで高いTVL水準を保っています。Makerはレバレッジ取引や保有資産の売却を回避した形でのトレーディングを可能にすること、Uniswapはファーミングなしでも手数料報酬が期待できることがTVLの維持要因として挙げられます。
https://defipulse.com/
DeFiマーケットレポート【20年10月版】
https://hashhub-research.com/articles/2020-10-14-defi-market
DeFiマーケットレポート【20年11月版】
https://hashhub-research.com/articles/2020-11-16-defi-market
DeFiマーケットレポート【20年12月版】
https://hashhub-research.com/articles/2020-12-11-defi-market
DeFiマーケットレポート【21年1月版】
https://hashhub-research.com/articles/2021-01-16-defi-market

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。