論考・Ethereumの外でも広がるEthereum経済圏 EVMを軸にしたブロックチェーンの増加の影響を考える

目次

  • 前提
  • EVMを軸にしたブロックチェーンの増加の概観
  • EVM互換ブロックチェーンとEthereumのインターオペラビリティ
  • EVM互換ブロックチェーンに対するEthereumの優位性
  • 総論

前提

本レポートでは、Ethereumの外でも広がるEthereum経済圏と題して、EVM(Ethereum Virtual Machine)を軸にしたブロックチェーンの増加について筆者の論考を述べます。
EVMとはEthereumのバーチャルマシンで、Ethereumの状態遷移はEVMによって処理されています。EVMはスタックベースの仮想マシンでバイトコードによって処理が実行されます。スマートコントラクトと呼ばれるプログラムはSolidityやVyperなどの高級言語で記述されてバイトコードにコンパイルされ、EVMで実行されます。
このEVMはもともとEthereumでプログラムコードを実行するために開発された仮想マシンですが、最近では様々なブロックチェーンがEVM互換性を持たせています。EVM互換性を持たせることによってEthereum上のアプリケーションを移植することを容易にしたり、新しい開発言語を習得しなくてもそのブロックチェーン上で開発できるようにしています。
今回のレポートでは現状の解説と理由、今後の影響などについて論じます。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。